1分間イージーヨガ

アームバランスの中でも上級ポーズとしてメジャーなアーサナです。
マユラーサナは日本語名で孔雀のポーズと呼ばれます。
中村尚人先生がマユラーサナに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『スタートの時のポジション』

このポーズを難しくさせてしまう原因は、スタート時のポジションにある場合があります。
下半身と上半身でバランスを取るための支点がお腹となることを覚えておきます。
シーソーをイメージすると分かりやすいですが、支点のお腹に対して、頭と脚が離れていた方がバランスは取りやすくなります。
手をセットしたら、できるだけスタートのポジションで頭と脚を遠ざけておき、そこで顔を上げると、自然とバランスが取れて脚が浮いていきますので、そこから脚を後ろに伸ばせる場合は伸ばすようにしましょう。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP