1分間イージーヨガ

セツバンダーサナは、橋のポーズ、太鼓橋のポーズと呼ばれることもあります。
仰臥位で胸を大きく開く後屈のポーズです。
中村尚人先生がセツバンダーサナに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『骨盤を持ち上げる時の力の方向』

仰向けになって、骨盤を持ち上げる時に、多くの人はイメージとしてお尻を天井方向に持ち上げようとします。そうするとお尻の筋肉が強く働くので、自然と膝が開いてきてしまいます。
そのため、重要なことは、上にお尻を持ち上げるのではなく、脚をつま先の延長線上に蹴って、胸は逆方向に押し出されるという意識です。
その結果、胸がきれいに開くので、腰の詰まりも取れてきます。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP