1分間イージーヨガ

蓮華座とも呼ばれ、ヨガの瞑想や呼吸の練習の時に、この座法で行うイメージが強いかもしれません。
「Padma」はサンスクリット語で蓮華という意味を持ちます。
中村尚人先生がパドマーサナに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『股関節の使い方』

多くの方は、この座法に入る時に、手を使って足を鼠径部に持ってくるかと思います。
しかし、このやり方だと筋肉は使われず、膝に負担がかかってきてしまいます。
そのため、できるだけ手を使わずにパドマーサナを組む練習をしてみてください。手を背中の後ろに付くと、足が引きやすくなりますので、その状態で片足ずつ鼠径部に引いて座法に入る練習をすることをおすすめします。
中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP