タスマニアからの贈り物!「幻のハチミツ」のお取り扱い始めました♪

今年は暖冬と言われながらも、12月に入ってから本格的に寒くなってきましたね
寒い日はヨガを楽しんで温まったり、暖かい飲み物を飲みながら読書やTVを楽しんだり、屋内でのアクティビティが嬉しいですよね。
今日はそんな時のお供にバッチリな新商品のご紹介をします!

地球最古の甘味料

ヨガを楽しむ方なら、きっとオーガニックフードについての情報を目にする機会も多いはず。
地球にも体にも優しく美味しいものなら積極的に取り入れていきたいところだけれど、流通量も少なく、お値段も高めだったりするので、日々の生活に取り入れるのが難しかったりしますよね。

特別な機会でなくても自然の恵みを気軽に楽しめるものはないかしら・・・?!

そんなふとした思いから巡り合った商品が、満を持してこの冬、イージーヨガのお店に登場!

それは・・・・「幻のハチミツ」

ハチミツと言えばなんと一万年前から採蜜されてきた最古の甘味料であり、オーガニックフードの一つ。
近年では蜜源植物ごとに分類されたハチミツや、様々な国が原産のハチミツを取り扱うハチミツ専門店ができるなど、 その人気には拍車がかかるばかり。

様々なハチミツの中から私たちがセレクトしたのは世界中で一番環境汚染が少なく空気のきれいな地域として知られている 「タスマニア島」で採取されるもの。

なぜなのかを知るために、まずは、タスマニア島について説明しましょう。

有史以前の姿を留めているタスマニア島

タスマニア島はオーストラリアの6つの州のうちの一つであり、豊かな雨が育む深い森や氷河が造った無数の湖など手付かずの自然が多く存在しており、島の面積の約2割が世界遺産に登録されています。

1億3千万年前のゴンドワナ大陸からの生き残りであるとされる原生林が広がる森は世界最古とされ、樹齢1000年にもなる木々や高さ60m以上もの大木が並び、シダが茂る様子は恐竜が生きているのでは、と思ってしまうほど。

6500万年前に恐竜が絶滅し、5000万年前にはオーストラリアが南極と離れ、1万年前に最後の氷河期が終わり海面が上昇したことで8000年前にタスマニア島は本土と切り離されてしまいます。

こうしてタスマニア島に暮らす植物や動物は独自の進化を遂げながら、生き延びてきました。

採蜜まで100年?!かかる・・食べる香水、幻のハチミツ!

独自の進化を遂げたタスマニア島の植物には、そこでしか存在しないものがあります。
「レザーウッド」と呼ばれる木もその一つ。
タスマニア島西部に生育し、花をつけるまでに70~120年、蜜を出すまでには100年もの年月を要すると言われている希少価値の高い植物です。

タスマニアではこの木を蜜源にする養蜂が行われてきましたが、なんと採蜜を許された養蜂家はこの地上でたった5人だけ。 それゆえに「幻のハチミツ」と呼ばれ、世界中のグルメ達が収穫を心待ちにしているとか。

日本とオーストラリア双方で厳正な検査を全てクリアした、安心・安全、天然100%のハチミツはその濃厚な風味と芳醇な香りはもちろんのこと、抗酸化作用、抗炎症作用、プレバイオティクスなどがあると言われています。

今回、この「幻のハチミツ」を手軽にどこでも楽しんでいただけるよう、スティックタイプ(8g×10本、8g×20本)をご用意♪

タスマニアの大自然が生んだ、クセのない濃厚な味わいのハチミツ

“汚染ゼロ”計測地点に程近いタスマニア北西部の広大な野原には、ミドウーハニーの蜜源となるブラックベリー・ホワイトクローバー・アザミなど様々なワイルドフラワーが咲き誇ります。

ミドウーハニーは、大自然の中で色々な個性が溶け合ってできた天然のブレンド作品。誰にでも愛される素朴で優しい香りと、コクのある深い味わいが特徴です。

主蜜源はブラックベリーとクローバー。

特にブラックベリーは民間医療でよく用いられ、タンニンを多く含んでいることから、強い収れん性(しゅうれんせい)と強壮力があります。喉の痛みや咳に効く、また水虫にも効き目があるとも言われています。

こちらのミドウハニーも手軽に楽しんでいただけるよう、スティックタイプ(8g×10本、8g×20本)をご用意♪

歴史あるRoyal Hobart品評会にて、幾度もゴールドメダルに輝いた”極上の味わい”をお楽しみください。

スティックタイプなので持ち運びが簡単、「ヨガのレッスンの前後に」エネルギー補給も楽々できちゃうハチミツはオーガニックフード初心者にも安心して取り入れられるもの。
この機会にぜひ味わってみてはいかが?


ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP